痛散湯

スポンサーリンク

痛散湯の口コミや効果〜成分や副作用・販売店や価格に迫る!

痛散湯 口コミ

 

天然由来の成分のみで構成される医薬品は、今大きな注目と支持を集めています。特に、神経痛やリュウマチなどに効果を発揮すると言われる再春館製薬所の『痛散湯』などは、その代表格と言えるでしょう。

 

しかし、医薬品も西洋薬と同じ薬です。副作用のリスクは決して低くはなく、100%安心安全だとは間違っても言い切れません。

 

さらに、身体に合わなければ効果が出ないどころか、様々なトラブルを引き起こす可能性も高く、加えて、一般用医薬品は健康保険が適用されないため、経済的負担が大きくなるというデメリットも持ち合わせています。

 

そこで今回は、口コミ情報も参考に、痛散湯の効果効能や継続に当たっての注意点などを考えてみたいと思います。

 

 

痛散湯を

無料試供できる

公式サイトはこちらです!

↓ ↓ ↓ ↓

https://www.saishunkan.co.jp/

 

 

痛散湯はどんな症状に効果が期待出来るの?

痛散湯 口コミ

 

『痛散湯』はその名の通り、痛みを散らしてくれる医薬品です。神経痛のような身体の痛みに効果を発揮します。偏頭痛のような後頭部の痛みを慢性的に引き起こす「後頭神経痛」や顔面けいれんを引き起こす「三叉神経痛」から、息をするのも辛い「肋間神経痛」など。

 

さらに、重度になると日常生活にも支障を来す「腕神経痛」や「座骨神経痛」まで、神経痛なら全身のどこに発症するものでも緩和される可能性大と見ていいでしょう。

 

また、関節炎やリュウマチ、四十肩や五十肩のような疼痛にも効果的だとされています。

 

加えて、『痛散湯』には煎じて飲む煎じ薬と水と一緒に飲む顆粒タイプも市販されていて、どちらも効果・効能は全く同じです。あなたの生活のスタイルに合わせてどちらか良いと思う方を選ぶ事が出来ます。

 

どんな成分が痛散湯には配合されているの?

痛散湯 口コミ

 

『痛散湯』は、中国4000年の歴史が誇る後漢の時代の医学書『金匱要略(きんきようりゃく)』に記載されている「麻杏よく甘湯(まきょうよくかんとう)」という痛みに効果のある処方に、利水作用のある「防已」という生薬を加えた、再春館製薬所の医薬品です。

 

防已は、ツヅラフジ科のオオツヅラフジの植物の茎・根茎を乾燥させたもの。水液代謝を調節し、余分な水分を排泄する利水作用があり、、浮腫を伴う冷え性の改善に用いられる事の多い生薬ですが、解熱作用や鎮痛作用、そして、消炎力も持ち合わせているところから、神経痛やリウマチ・関節炎の鎮痛消炎剤としても使用されています。

 

因みに、基本の麻杏よく甘湯には、「麻黄(まおう)」・「杏仁(きょうにん)」・「よく苡仁(よくいにん)」・甘草(かんぞう)」の4つの生薬が配合されています。それぞれの内容と効能は次の通り!!

 

麻黄・・・発汗・発散を促す

中国北部の砂漠に自生する常緑低木「マオウ科」という種類の植物の茎を乾燥させたもの。発汗と利水を促す他、鎮咳効能も高く、熱冷ましや咳止め、鼻炎薬やぜんそくの薬にオーソドックスな生薬として用いられています。

 

よく苡仁・・・水液代謝を調節する

イネ科のハトムギの成熟種子を乾燥させたもの。余分な水分を排出する効果が高く、結核・神経痛・リューマチの薬にオーソドックスに用いられる生薬です。

 

杏仁・・・鎮咳作用・去痰作用を持つ

バラ科のアンズの種子の中にある仁(さね)という部位を取り出し、乾燥させたもの。痰を切る作用や咳を鎮める作用が買われ、咳止めやぜんそくの薬にオーソドックスに用いられる生薬ですが、潤腸作用も持ち合わせているため、便秘薬に配合される事もあります。

 

甘草・・・生気を補う

マメ科の高さ40センチほどの多年草「カンゾウ属」植物の根や根茎を乾燥したもの。グリチルリチンや配糖体などを含有し、鎮痛消炎にとどまらず、胃痛や鎮咳・去痰、さらには食あたりや十二指腸潰瘍など、様々な症状に効力を発揮します。そこで、「脾胃の正薬」と称され、時に風邪薬として、時に胃薬として、時に整腸剤として処方する漢方に巧みに配合されています。

 

一見、麻杏よく甘湯の成分だけを見ると、神経痛やリュウマチに特化した方剤とは思えませんが、ここに防已が加わる事で相乗効果が働き、じっくりと痛みを緩和してくれるのです。

 

 

痛散湯を

無料で試供できる

公式サイトはこちらです!

↓ ↓ ↓ ↓

https://www.saishunkan.co.jp/

 

 

痛散湯はツムラにもあるの?

痛散湯 口コミ

 

『痛散湯』は、「ドモホルンリンクル」でもおなじみ、熊本県に本拠地を構える漢方に学んだ製薬会社『再春館製薬所』が出す医薬品です。。

 

1960年に神経痛やリュウマチ等の疼痛に効果を発揮する煎じ薬として発売され、その後1969年には、リニューアルされたエキス顆粒タイプが売り出されました。因みに、商品の正式名称は、煎じ薬の方が「痛散湯」で、顆粒タイプは「再春痛散湯エキス顆粒」となります。

 

しかし、この薬は一般名を「麻杏よく甘湯加防已」と言い、すでに漢方界では定番とされていた「麻杏よく甘湯」に防已という生薬を加えたものです。そのため、同じような生薬配合で生成された方剤は、同じような効果効能を持つ事になります。

 

例えば、漢方と言えば『ツムラ』が有名ですが、こちらで見ると、78番の方剤が「麻杏よく甘湯」となっています。しかも、飲みやすくて効き目も高そうなエキス顆粒タイプです。

 

ところが、防已が配合されていません。というのも、麻杏よく甘湯に防已を加えた麻杏よく甘湯加防已は、再春館製薬所の独自処方の医薬品のため、他社では購入ができません。。

 

従って、『痛散湯』はツムラ漢方にはありません。クラシエ漢方にもありません。剤盛堂のホノミ漢方にもありません。再春館製薬所だけのものです。

 

痛散湯は副作用の危険性もある?

痛散湯 口コミ

 

医薬品に使われる生薬は、どれも天然由来のもので安心感が持たれがちなのですが、実は、これが大きな誤解!中には多かれ少なかれ、毒素を持つ植物が少なくありません。正に、毒をもって毒を制すの世界なのです。

 

そのため、用量や用法を誤ったり、服用中の薬がある方はその薬との飲み合わせなどにより、副作用のリスクが高まります。医薬品を服用する際には自己リスクが高まります。医薬品を服用する際には自己判断をするのではなく、薬剤師などの専門家に相談することが大切です。

 

例えば『痛散湯』の場合、主に「麻黄」と「甘草」、この2つの生薬は注意が必要だと言えるでしょう。

 

「甘草」は、腎臓に病歴があり負担のかかっている状態の時に痛散湯を服用すると、「甘草」や痛散湯の利尿作用の影響で腎臓への負担がかかりやすくなります。

 

実は7割近くの漢方薬には「甘草」が含まれています。甘草含有の抽出成分が入った他の薬(西洋薬含め)を服用している場合、痛散湯との飲み合わせにより、過剰量が体の中に入ってしまうため、甘草で起こり得る副作用である「偽アルドステロン症」を発症する可能性があります。

 

また、「麻黄」は心臓や甲状腺、前立腺に病歴があり負担のかかっている状態では、それぞれの症状を悪化させる可能性があり、高血圧の方や胃の機能が弱まっている方も注意が必要です。

 

さらに、麻黄の有効成分「エフェドリン」は気管を広げる作用で咳を鎮めたり、交感神経を刺激し体を活発にする作用があるため、咳止めや喘息、めまい薬などの併用は副作用のリスクが高まります。

 

 

痛散湯を

無料試供できる

公式サイトはこちらです!

↓ ↓ ↓ ↓

https://www.saishunkan.co.jp/

 

 

痛散湯の販売店はどこ? 市販されてる?

痛散湯 口コミ

 

『痛散湯』を製造販売している「再春館製薬所」は、商品は主に電話・インターネット・ファックス・ハガキで注文を受け付けているそうです。

 

「漢方相談係」という相談員と薬剤師が応対し、注文者の体の状況や体質、服用中の薬などを聞かれ、痛散湯が服用可能かを判断された上で、商品の注文が可能です。薬剤師が常駐しているので、わざわざ薬局に行かなくても、電話などで薬剤師に相談できるのは忙しい人にはおすすめです。

 

また、初めて服用される方には「無料試供薬」の案内があります。煎じ薬と顆粒薬の2タイプがセットになった試供薬があり、飲み心地などを判断するためのものとして用意されています。まずは試してみて、どちらのタイプの薬が自分に合うかを判断できるのは良いですね。

 

実店舗では、東京都港区高輪にある再春館製薬所の東京事務所1階には、長年の日本人の千恵と経験が確立した全国の伝統薬を専門に取り扱うアンテナショップがあり、そこでは痛散湯も常時市販されています。

 

結局は再春館製薬所の直営店だろうと言われればそれまでですが、こちらは地元熊本県の民間療法から編み出された製剤を中心に、日本中の伝統薬約60種類が陳列されていて、相談員も待機しています。ですので、一般的な薬局と同じ感覚で痛散湯の購入も出来るでしょう。

 

◆再春館製薬所 高輪「伝統薬房」
所在地:東京都港区高輪4丁目10-58 轄ト春館製薬所・東京事務所1F
TEL:03-3444-4444
営業時間:午前10時〜午後3時(土・日祝休業)
アクセス:JR・京浜急行「品川駅」下車 高輪口より徒歩約10分/都営浅草線「高輪台駅」下車 徒歩約10分

 

痛散湯の価格は?値段について

痛散湯 口コミ

 

『痛散湯』として販売されている煎じ薬は、30日分となる20g×30包で税込12,960円。

 

『再春痛散湯エキス顆粒』は、30日分となる1.5g×90包で税込14,040円。やはり顆粒タイプの方が扱いが容易であるため、お値段は若干お高めの設定になっています。いずれも、まとめ買いによる割引等のサービスは一切ありません。この辺が、継続する上では頭の痛いところでしょう。

 

けれど、継続して初めて効果効能が得られる事の多い医薬品ですが、体質や体調の変化のよって、効き目が違って来る事は珍しくありません。さらに、医師が処方する薬を服用している人であれば、その中身が変わると、たちまち効き目が軽減したり、副作用のリスクが生じるケースはしばしばです。

 

そこで、1ヶ月ごとに様子を見ながら続けて行くというのが基本スタイルになっているのです。逆に言えば、合わない、危ないと思ったら、いつでも中止する事が出来、その際、無駄な出費を最低限に抑える事が出来る仕組みです。

 

 

>>痛散湯の無料試供はこちら<<

https://www.saishunkan.co.jp/