痛散湯 四十肩 五十肩

痛散湯は四十肩や五十肩にも効く?

痛散湯 四十肩 五十肩

 

男女を問わず、多くの方が肉体的衰えや身体の変化を感じるという40代。そこに襲って来るのが四十肩・五十肩です。

 

因みに、40代半ばまでに出れば「四十肩」、それ以降に出れば「五十肩」と呼ぶのがオーソドックスなのだそうですが、どちらも中身は同じ「肩関節周囲炎」という疾患です。

 

病因へ行ったからと言って、短期間で治る事は少なく、仕事や家事を休む訳にも行かない! こうした症状に対応すべく思いつくのが、漢方薬の導入です。

 

確かに、体が持つ治癒力を引き出しながら、徐々に身体の不具合を改善して行く漢方療法は、四十肩や五十肩には適しているのかも知れません。

 

四十肩や五十肩ってどんな症状?

痛散湯 四十肩 五十肩

 

四十肩や五十肩は元々、40代以降に発症する肩の痛みのうち、原因が不明で、腕が上がらない、肩が回らない、手や指が痺れるなどの症状により、日常生活に支障を来すような障害を伴うものを示していました。

 

しかし今は研究が進み、肩と腕を繋ぐ「肩関節」の周囲が炎症を起こす事により発症する疾患群である事が明らかにされています。そのため四十肩や五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」と言います。

 

ただし、肩関節は単に肩甲骨と上腕骨を繋いでいるだけでは無く、鎖骨と肩甲骨で作られる「肩鎖関節」や鎖骨と胸骨で作られる「胸鎖関節」、さらに、上腕骨と肩峰で作られる「第2肩関節」など、多数の関節の中継地点となっています。そのため、炎症が広がる部位により、様々な症状が出ます。

 

とは言え四十肩や五十肩は、大半の方はまず肩関節に炎症が起き、その後、しばらく立ってから周囲に広がるという形で、まずは肩の疼痛から始まると見ていいでしょう。

 

この時、大抵は痛いものの腕は動きます。そのため、ごく初期の段階では、腕を動かした時に肩に痛みを感じる程度という人は少なくありません。

 

痛散湯 四十肩 五十肩

 

しかし、四十肩や五十肩の痛みは徐々に激痛と化し、そのうち、腕を動かさなくても痛むようになります。最も辛いのが就寝中で、体位を変えようとすると鋭い痛みが走り、十分な睡眠が取れなくなる事です。

 

ところが、こうした痛みは、早い人なら数日、遅い人でも数週間で緩和され、一見落ち着いたように見えます。痛みも段々鈍くなり、無理をしなければ自然と治癒に向かうように感じられがちなのですが、実はここからが辛い闘病生活の始まりだと言っても過言ではありません。

 

1ヶ月から2ヶ月で、肩の激痛と引き換えのように、四十肩や五十肩によって腕が自由に動かせないという症状が出て来ます。他に、肩が回らないとか、手や指が痺れると言った症状もよく見られます。

 

そして、半年から1年で次第に回復して行くという事で、最初の肩が痛い段階を急性期、後の腕が動かないという状態を慢性期と呼んでいます。

 

痛散湯は四十肩や五十肩への効果は期待出来るの?

痛散湯 四十肩 五十肩

 

肩の痛みから始まり、腕が上がらなくなるのが四十肩や五十肩のオーソドックスな症状と流れです。そのため、神経痛や関節炎などの疼痛対策に効果を発揮すると言われる再春館製薬所の『痛散湯』を試される方は少なくありません。

 

実際、痛散湯は炎症を抑え、痛みを緩和させる鎮痛抗炎症薬です。血管を拡張し、血流を促す生薬「麻黄(まおう)」や余分な水分と共に毒素を排出する生薬「よく苡仁(よくいにん)」、さらに、高い鎮痛作用を持つ「防已(ぼうい)」や「甘草(かんぞう)」が調合されています。

 

そのため、適応疾患には、四十肩や五十肩のような「肩関節周囲炎」が明記されていて、効き目は期待出来るものと見ていいでしょう。

 

痛散湯は四十肩や五十肩の改善に最適な商品?

痛散湯 四十肩 五十肩

 

四十肩や五十肩に苦しむ人に対し、『痛散湯』を勧められる事がよくあります。ただし、医療用漢方製剤でもなく、一般の薬局で市販もされていない痛散湯は、医師が承認したり推薦する事の極めて少ない漢方薬です。

 

そこで、人生の先輩やお仲間から聞いて試すという方が圧倒的多数! ですから、それが本当に最良の策なのかどうかは定かではないと言えるでしょう。

 

実際問題、1ヶ月分で1万円を大きく上回る価格に、思わず目が点になられる方は少なくありません。聞いて調べてはみたものの、中々手が出せないのが現実だろうと思われます。

 

しかし、痛散湯は元々、「麻杏よく甘湯(まきょうよくかんとう)」という方剤に防已という生薬を加えたもので、麻杏よく甘湯は、遙かいにしえの時代から存在する中医薬です。従って、日本でも多くの製薬会社が製造し、販売しています。

 

確かに、ここに防已がプラスされれば、鬼に金棒と言ったところではあるのでしょう。けれど、体質や症状によっては、そこまで強烈な薬効を持つ漢方でなくても、十分効き目を期待出来るケースは珍しくありません。

 

むしろ、麻杏よく甘湯は、表証(ひょうしょう)と呼ばれる急性期の症状に効果を発揮します。さらに、麻黄を主とした方剤であるため、ある程度の体力を必要とするところから、疼痛改善においては初期に試すのが利口です。

 

特に、本人にとっては重篤でも、医学的に見ればそうではない四十肩や五十肩の場合、まず最初に検討すべき漢方療法だと言えるのではないでしょうか!?

痛散湯は四十肩や五十肩にも効く?関連ページ

痛散湯は再春館製薬だけではなくツムラも販売しているの?
痛散湯は再春館製薬が販売する、リウマチや神経痛に効果が期待出来る医薬品。しかし、口コミを見ているとツムラというキーワードが見つかります。もしかして、痛散湯は再春館製薬以外も販売しているのでしょうか。解説します。